1. 野村開発トップ
  2. 不動産手帳
  3. 不動産に関する情報
  4. お部屋探し虎の巻【賃貸編】
引越し手続きチェックポイント

お部屋探し虎の巻【賃貸編】

敷金¥0と敷金がある物件があるのはなぜ?

 敷金とは家賃を滞納した時や、原状回復の補修のお金を担保するために大家さんに預けるお金です。基本的には、預けているお金なので、支払うべき金額を全て払っていれば、全額返ってくるお金になります。
 最近の敷金¥0の物件には、敷金を預ける代わりに保証会社に加入することが条件になっているものが多いと思います。年間1万円とか、月々いくらとかをその会社に支払うのですが、実際に退去する時は、それとは別に実費の支払いが必要になります。ですので、敷金¥0の物件も敷金のある物件も最終的に大家さんに払う金額は同じになります。
 敷金¥0の方が保証会社に払う保証料の分、少し支払いが多くなってしまいますが、連帯保証人が不要になりますので、保証人をお願いするのが煩わしいという方にもご利用いただいています。

 当社では、ほとんどの物件で、敷金¥0(保証会社加入要) or 敷金3ヶ月のどちらかをお客様が選べますので、ご相談ください。

原状回復って何なの?

 通常、物を借りた時は、借りた時と同じ状態で返すのが基本ですよね。レンタカーで言えば、ガソリンを満タンにするし、傷をつければ、その分の支払が必要になります。お部屋の場合でも、傷をつけてしまったところや壊してしまったところの分の支払が必要になります。
 ただ、普通に住んでいても汚れや老朽化は進んでいきます。その分まで負担するのか?という質問は良くあります。もちろんその分の補修は大家さんの負担するべき内容です。

 当社の判断では、「誰も住んでいなかったとしても年数が経って補修が必要な物」は大家さんの負担する物と判断しています。壁紙が変色してしまうことや設備が老朽化する部分はそれに該当します。しかし、入居者がたばこを吸うことによって壁紙が変色することや、お風呂の掃除をしていなくてカビが生えてしまった部分などは入居者の方にご負担をしていただいています。また、畳はガソリンと同じように消耗品と考えていますので、そちらのご負担もお願いしております。
(注.会社によって判断は異なりますので、上記の内容は当社の考え方になります。) 

普通借家契約と定期借家契約の違いって?

 難しい業界用語ですので、わかりにくいですが、字のごとく「定期借家契約」は期間の満了と共に契約が終了となる契約で、「普通借家契約」では老朽化などの事情がなければ契約が終わることはありません。定期借家契約の中にも「再契約型」「終了型」の2つがあり、前者は再度契約することを前提としている契約で、後者は期間の満了で終了となり再度契約もしない契約です。終了型は転勤中などの期間だけ賃貸にして、転勤後に再びご自身で住む場合などに利用されます。
 では、「定期借家契約再契約型」「普通借家契約」と何が違うのでしょうか?再契約型は契約満了時に貸主から再契約を拒絶することができるのです。普通借家契約では「正当事由※」がない限りは貸主から解約をすることはできません。ですので、借主さんからすると定期借家契約は不利な契約と言えます。
 しかし、野村開発では原則再契約型定期借家契約での賃貸契約とさせていただいております。それは、最近トラブルが多発している「クレーマー入居者」に対応するためです。大きな音をたてて生活する方や、小さな音にも敏感な方、近隣の方とうまく付き合えない方などが周囲の入居者とトラブルを起こすのです。家賃の支払いは問題ないので、普通借家の契約ではこういった問題のある方を退去させることができません。結局、引っ越していかれるのは善良な方で、問題のある方が居座ってしまい、次から次へと入居者を追い出してしまうのです。野村開発では、善良な方に長く、安心してお住まいいただくために、手間と費用がかかりますが、定期借家契約で契約させていただき、周囲の入居者とトラブルの絶えない方は契約を打ち切らせていただいております。
※正当事由とは、「老朽化していて倒壊の恐れがある」などの貸主から解約することがやむを得ない理由があることを言います。

賃貸物件を選ぶ時は、管理会社も含めて選ばなければダメ

 お住まいを選ぶ時、立地や賃料などの物件の情報だけで決めてしまいがちですが、そこの建物を管理しているのが誰なのかもきちんと比較しなければ、入居後の生活で困ることがあります。例えば、設備が壊れてしまったなどの問題があった時に、夜間や休日に対応してもらえなかったり、すぐに来てくれなかったりすることがあります。ちょっとしたことの連絡の対応ですが、気持ち良くお住まいになるために管理会社を選びましょう。

 野村開発では休日・夜間はコールセンターを設置し、緊急の場合は自社スタッフが現場に伺います。また、20名の修繕スタッフがおり、自前で修繕を行っております。そして入居された方が快適にお住まいいただいているかアンケートを取り、お客様の満足度を高める努力を続けております。

お問い合わせはお気軽にどうぞ!

TEL:0566-81-1736
営業時間 9:30 ~ 17:30 定休日:毎週水曜日・祝日

お問い合わせはこちら


このページのトップヘ