1. 野村開発トップ
  2. 不動産手帳
  3. 不動産に関する情報
  4. お部屋探し虎の巻【初級】
引越し手続きチェックポイント

お部屋探し虎の巻【初級】

間取りで○DKと○LDKの表示の違いはなに?

 Dとはダイニングで、Kがキッチン、Lはリビングを指しています。ただ、LDKと表示されているからと言って、実際に部屋が3つに分かれているのではなく、その1部屋の広さで表示が変わります。Kのみは4.5帖以下、DKは8帖以下、LDKは9帖以上で呼び方が変わります。ですので、1DKも1LDKも部屋数は同じ、キッチンとセットになっている部屋が8帖か9帖かの違いだけです。

 おまけですが、Sと表示のある物件が稀にあります。Sは納戸の意味で、6帖あっても窓がない部屋などはSと表示されます。

マンションとアパートの違いって?

 一般的にマンションと呼ばれる建物は構造が鉄筋コンクリート造のものを指し、それ以外の構造はアパートと呼ばれます。構造が違いますので性質も違います。一番の違いは音。鉄筋コンクリート造は音が伝わりにくい性質があります。しかし、建築費用が高いので、総じて家賃が高くなってしまいます。また、アパートと言われていても、鉄骨造や軽量鉄骨造、木造と構造はそれぞれ違います。前から順で音に強く、家賃も少し高くなっています。

割安なのは、築が古くてもキレイにリフォームしてある物件

 築年数が新しい方を好むのは当然です。ですが、新しいと何が良いのでしょうか?構造や設備が新しいので使い心地が良いですね。ですが、古くてもリフォームをしている物件は、設備を取り替えてあり思った以上にキレイです。
 古くてもキレイな物件はいっぱいありますし、その分賃料や価格もお得なので、1軒くらいは条件に合う物を見ておくのをおススメします。

最近増えている音のトラブル

 生活が多様化してきた中で、個々人の生活リズムや嗜好も様々になってきました。音の感じ方も人によって異なるため、上下階やお隣との音のトラブルが増えています。
 夜勤のあるお仕事で日中に寝ている方も多くありますので「日中だから音もでる」「深夜だから静かにする」とのいわゆる常識が通用しないこともあります。
 また、音の感じ方は人それぞれで「普通の人は気にならない音」がどうにも気になって仕方ない、嫌がらせをされていると感じてしまう方もあります。
以前「小学校の運動会の音がうるさくて寝られない!」「午前11時に子供がハイハイしている音が煩い!」と言われる方もありました。なにが常識なのかを考えてしまいます。
 音の問題はまず部屋選びから。過去に音の問題を気にされた方でしたら、鉄筋コンクリート造をお勧めします。

 ただ、入居してすぐからトラブルになると言うよりも、水漏れをしてしまった、車をぶつけてしまった、などのアクシデントがきっかけとなって、その後に相手の事が気になるようになって音のトラブルに発展する事が多いように思います。
 ですので、入居時に挨拶回りをきちんとして、お会いした時には挨拶をするなどしてご近所付き合いを良好にしておくと、トラブルを未然に回避でき、気持ち良くお住まいになれると思います。

不動産会社はたくさん見た方が良いの?

 昨今はインターネットで物件の情報がすべて手に入るので、たくさんの不動産屋さんを訪ねなくても物件を選ぶことができます。また、一昔前と比べて、物件の数も多くなったので、ひとつのお店でかなりの数を取り扱っています。そういった意味では多くのお店に行かなくても気に入る物件は見つかると思います。
 しかし、いいかげんな担当者や強引に契約を迫るお店などがあることも事実で、契約の時だけ我慢すれば良いやと思っても、何かとトラブルになるケースも耳にします。トラブルを未然に防ぐためにプロにお願いをするのに、それができないお店もたくさんあります。お住まいいただく生活を守って頂く会社選びでもありますので、2つか3つくらいの会社を見てみることをおススメします。

物件探しのコツは・・・

  1. ネットからプリントしたものや本の切り抜きを持参して、自分の希望をできるだけ具体的に伝えることが良いです。
  2. 物件情報を調べ、実際に見たい部屋があったら見学してみましょう。間取図やネットの写真だけではわからないものです。
  3. ご自分が気に入ったら周辺環境などもチェックしましょう。夜間や天気の違う日に行ってみるというのも効果的だと思います。
  4. あなたのすべての条件を満たす物件は数少ないです。妥協できる点も配慮しましょう。
  5. 持っていくと便利なものは、「メジャー」「筆記用具」「間取り図」です。
  6. あまり多くの物件を見ても迷ってしまいます。3件までに抑えるのがベストです。
その他いろいろありますがまずはお問い合わせいただき、お部屋の見学をしてください

住んでからの事をイメージしてからお部屋を決める!

 駅から徒歩10分でお部屋を借りても、結局自転車で駅まで行っていたり、スーパーの近くで探したにも関わらず、荷物が多いので車で買い物にでかけるなんてことも良く聞きます。
 日当たりを気にして南向きの間口の部屋を借りても、通りから丸見えでカーテンを閉め切っての生活になっていたり。
 最終の決定をする前に、一旦そこでの生活をイメージしていただくと快適な新生活をお送りいただけると思います。

お問い合わせはお気軽にどうぞ!

TEL:0566-81-1736
営業時間 9:30 ~ 17:30 定休日:毎週水曜日・祝日

お問い合わせはこちら


このページのトップヘ