1. 野村開発トップ
  2. 不動産手帳
  3. 不動産に関する情報
  4. 賃貸住宅を選ぶか、分譲住宅を選ぶか
引越し手続きチェックポイント

賃貸住宅を選ぶか、分譲住宅を選ぶか

結論 
賃貸と分譲、どちらを選ぶかは、自分の住まいに対する価値観、生き方によって選ぶべきものではないでしょうか。
自分のライフスタイル・人生観にあったよい住まいを選んでください。

【分譲住宅のメリット】
1. クロス・設備などが自由に選べ、変更が自由。
2. 将来、資産として残る
3. 住宅ローン完済後は維持費が下がる
4. ペットなどの制限を受けない
5. 賃貸と比べると広い家に住める

【分譲住宅のデメリット】
1.住宅ローンの負担
  「家賃と同じ支払額で」と紹介されていますが、将来の収入が保証されていないにもかかわらず、借金をしてローンを返済するのは大変です。
2.数年すると、修繕・建て替えに莫大な費用が必要になってきます。
3.生活拠点が拘束される
 分譲の場合、引越しは困難です。したがって、周辺環境を変えたり、転勤などに対処できません。
4.資産性低下のリスクがある
不況・人口減少などによる地価下落があれば、価格は新築時に比べ、大幅に下落しまする可能性があります。

【賃貸住宅のメリット】
1. 物件・環境が悪ければ、引越しが容易。ライフスタイルに合わせて住居を変更できる。
(お子さんが独立したら安い部屋に引っ越しできる)
2. 常に新築物件に転居することが出来る。
3. 修繕費用の負担がない

【賃貸住宅のデメリット】
1.いくら家賃を支払っても資産として残らない。
2.賃貸は建物構造・設備・セキュリティーが分譲に比べ、劣る。(現在では賃貸住宅でも、分譲クラスのバス、キッチンが使われている物件も増えており、それなりの家賃を支払えば、それなりの設備があります。)
3.賃貸マンションは自分の好きなように内装を変更することが出来ない。 (退去時の現状回復義務があるので、壁に釘を打ったりすると、費用がかさみます。)

お問い合わせはお気軽にどうぞ!

TEL:0566-81-1736
営業時間 9:30 ~ 17:30 定休日:毎週水曜日・祝日

お問い合わせはこちら


このページのトップヘ