1. 野村開発トップ
  2. 不動産手帳
  3. 豆知識
  4. 保証人と連帯保証人は何が違うの?
引越し手続きチェックポイント

保証人と連帯保証人は何が違うの?

法的な扱いが違います

保証人と連帯保証人が同じ意味だと思っている方もいると思いますので、説明をしておきます。
 単純な保証人の場合、債権者は債務者の支払いが滞ると、まず債務者本人に請求しなければなりません。その手順を踏まずに請求されたときは、保証人は、「先に債務者本人に請求して下さい」という権利があります。

 しかし、連帯保証では、債権者は債務者の支払い能力の有無にかかわらず、連帯保証人に対して返済を請求することができます。債務者よりも回収しやすいと思えば、すぐ連帯保証人に対して請求できるのです。

 要するに、保証人は、債務者が支払い能力がない時だけ肩代わりする必要がありますが、連帯保証人は、債務者にお金があっても肩代わりをして、後で債務者から自分が回収しなければならないのです。
 
 連帯保証人は、単純保証人よりも重い責任を負うことになり、債務者と同等の立場に立たされます
連帯保証については、依頼するほうもされるほうも、それなりの覚悟がいるということを理解しておく必要があります。

お問い合わせはお気軽にどうぞ!

TEL:0566-81-1736
営業時間 9:30 ~ 17:30 定休日:毎週水曜日・祝日

お問い合わせはこちら


このページのトップヘ