1. 野村開発トップ
  2. 不動産手帳
  3. 老後の備えをしたい方

老後の備えをしたい方

≪今の住まいをどうするか≫
 年をとるにつれて、体も弱ってきてしまい、いずれは杖をついたり、車いすを余儀なくされることにもなります。心身ともに健康なうちに、準備をしていきましょう。

今のお住まいをどうしていくか?
  選択肢としては以下の4つがあります。
 (1)今の住まいをプチリフォーム
 (2)今の住まいを貸して、住み替える
 (3)今の住まいを売却して、住み替える
 (4)今の住まいは空き家にして、住み替える

 野村開発では賃貸も売買も取り扱っており、無料で査定をしています。また、リフォームのご相談、空き家の管理も行っています。
 また、介護保険を利用したリフォームの実績もございますので、お気軽にご相談ください。

 ≪高齢者住宅に住み替える≫
高齢者住宅と言っても、たくさんありすぎてよくわからないと言う方は多いと思います。下に簡単に比較を記載しますので参考にして下さい。
・特別養護老人ホーム
・老人保健施設
・高齢者専用賃貸住宅
   などがあります。
知立市内にも、いくつか施設がございますので、ご案内させていただくこともできます。

  ≪老い支度3点セット≫
 万が一、認知症になってしまい、いろいろな手続きが出来なくなってしまう前に、以下の3つの準備をしておくと、ご自身の意思を尊重した手続きをとることができますので、すべての方にご準備いただくことをおススメします。

 (1)遺言書
 財産が多くないからといって作らなくて良いわけではありません。相続人で円満に解決できるなら、その時は遺言書を破棄してその方法を用いればよいので、万が一に備えると思って作っておくことをおススメします。また、財産の分割の指定以外にも、大切な方へのメッセージも残せますので、遺書としても残されてはいかがでしょうか。

 (2)財産管理等の委任契約
 体が不自由になり、自分で財産管理(銀行や不動産、病院の手続き)が難しくなった時に、第三者に手続きをお願いする事ができます。

 (3)任意後見契約
 認知症などで判断能力が低下して、財産管理ができなくなった時に、第三者に手続きをお願いする事ができます。実際に判断能力が低下してきた時に、家庭裁判所への申し立てをした上で、契約がスタートすることになります。公正証書で作る必要があります。

野村開発でも手続きのお手伝いをしておりますので、お気軽にお問合わせください。

老後の備えをしたい方

最新 住まいの便利帳

老後の備えをしたい方へ住まいの便利帳 一覧

  • すべて表示
  • 引越し手続き
  • ライフプラン
  • 賃貸物件の探し方

全て表示

引越し手続き

ライフプラン

賃貸物件の探し方

お問い合わせはお気軽にどうぞ!

TEL:0566-81-1736
営業時間 9:00 ~ 18:00 定休日:毎週水曜日・祝日

お問い合わせはこちら



このページのトップヘ